かんたんな注意事項

心身不調の際に精神科・心療内科・メンタルクリニックを受診・通院するとき(あるいは、その前に)、あらかじめ念頭に置いたほうが良いと思われる事項を説明します。 また、医療機関では対応が困難なトラブル・生活問題や社会問題・犯罪被害についての相談窓口や法制度・社会資源などを簡単にまとめます。 [*順不同、思いつくままに書きますので、体系的ではありません。]

厚生労働省

パワハラ対策についての総合情報サイト「あかるい職場応援団」(厚生労働省)

下記にURL等を掲載します。是非ご覧ください。 www.no-pawahara.mhlw.go.jp 上記ホームページでも相談窓口について詳しく紹介していますので、抜粋・掲載します。 外部の相談窓口を利用しよう 会社や労働組合に相談窓口がない…。 相談したけれども取り合って…

「とにかく忙しすぎて、まとまらない長文を読む気になれない。一気にわかりやすい説明を読んで、判断したい」という方には以下のサイトをお勧めします。

kokoro.mhlw.go.jp www.kntkenpo.org

「未経験の仕事に挑戦したい」 「やりたい仕事があるけど知識、技術がない」 「資格を取って就職につなげたい」「高卒・大卒などの学歴が必要になる場合」

経済的にも時間的にも余裕のある方はこの記事を読み飛ばしてください。 さまざまな事情で、就職する際に必要となる知識・技能・資格・学歴を修得・取得するチャンスに恵まれなかったひともいると思います。また、失業して次の就職先を探すときに、これまでと…

医療機関だけではなく社会資源や公的(相談)機関の支援も受けましょう

回復までの過程が長期にわたる場合は、医療だけではなく社会的サポートを受けていく方がスムーズで負担が少なくなります。 また、長期・短期にかかわらず、あなた自身の医学的問題というよりも(あるいは、だけでなく)、置かれている環境・状況に(も)深刻…