かんたんな注意事項

心身不調の際に精神科・心療内科・メンタルクリニックを受診・通院するとき(あるいは、その前に)、あらかじめ念頭に置いたほうが良いと思われる事項を説明します。 また、医療機関では対応が困難なトラブル・生活問題や社会問題・犯罪被害についての相談窓口や法制度・社会資源などを簡単にまとめます。 [*順不同、思いつくままに書きますので、体系的ではありません。]

法務省による人権相談

法務省人権擁護局による人権相談は以下のサイトをご参照ください。

法務省:人権相談

法務省:人権擁護局フロントページ

 

上記サイトでも、相談窓口の案内がありますので、以下に抜粋・掲載します。

 

常設相談(みんなの人権110番 0570-003-110)

 全国の法務局・地方法務局及びその支局で開設している,面接又は電話による相談です。
 なお,日時を定めて市町村役場などで開設(特設相談)することもあります。
 詳しくはこちらまで。
 高齢者・障害者の人権あんしん相談についてはこちらまで。

子どもの人権110番(全国共通フリーダイヤル 0120-007-110)

 「いじめ」,虐待など,子どもの人権問題に関する専用相談電話です。
 詳しくはこちらまで。

女性の人権ホットライン(全国共通ナビダイヤル 0570-070-810)

 配偶者・パートナーからの暴力やセクシュアル・ハラスメント等,女性の人権問題に関する専用相談電話です。
 詳しくはこちらまで。

インターネット人権相談受付窓口(24時間受付)

 パソコンや携帯電話からインターネットを利用して,いつでもアクセスでき,相談を行うことができます。
 詳しくはこちらまで。

外国人のための人権相談

 日本語を自由に話せない外国人のために,英語や中国語などの通訳を配置して,全国の法務局・地方法務局で開設しています。
 開催場所,開催日時など,詳しくはこちらまで。

子どもの人権SOSミニレター

 「いじめ」,親からの虐待など,先生や保護者にも話せない悩みごとのご相談に応じ,解決に導きます。
 詳しくはこちらまで。