かんたんな注意事項

心身不調の際に精神科・心療内科・メンタルクリニックを受診・通院するとき(あるいは、その前に)、あらかじめ念頭に置いたほうが良いと思われる事項を説明します。 また、医療機関では対応が困難なトラブル・生活問題や社会問題・犯罪被害についての相談窓口や法制度・社会資源などを簡単にまとめます。 [*順不同、思いつくままに書きますので、体系的ではありません。]

アルコールの負の影響/アルコール依存症だけが問題なのではない

 業務として酒席による接待が頻繁な方が少なくないのは現実ですが、心身の健康や命あっての仕事であることを忘れないでください。

 厚生労働省による自殺対策として、アルコール健康問題対策も提唱されています。その理由として、(下線等筆者)

 うつ状態に陥った際に不眠や抑うつ気分の解消のためにアルコールを使用することは、うつ状態の悪化につながる行為として極めて有害です。
 そのため、自殺対策の観点からアルコールの有害使用についての対策を積極的に実施する必要があります。
 うつ病等の気分障害とともに、自殺既遂者で精神科入院歴のない精神疾患者のうち、アルコール依存症等が含まれる物質関連障害を患っていた人の割合は大きいことが明らかになっています。
 また、自殺既遂者に対する調査からは、とくに中高年男性の自殺者において、死の直前に飲酒量が増加していたり、飲酒した状態で自殺企図に至っていたり等、自殺に際してのアルコールの有害使用が少なからず認められることがわかっています。

http://www.mhlw.go.jp/kokoro/nation/about.html

などがあげられています。

 

 また、自殺予防総合対策センターの資料によれば、(下線等筆者)

アルコールとうつ、自殺にはつながりがあります。


 アルコールは不眠症を悪化させ、それまで普通に眠れていた人まで不眠症にしてしまうことさえあります。眠れないのであれば、専門医に睡眠薬の服用について相談しましょう。アルコールの依存性は睡眠薬の依存性よりはるかに強力です。

 アルコールは思考の幅を狭め、自暴自棄な結論を導き出しやすくさせます。悩みを抱えているときに、飲みながら物事を考えるのはとても危険なことです。
 アルコールはうつ病を悪化させ、健康な人にもうつ病を引き起こします。酔っているあいだは気持ちが多少和らいだ気がしても、酔いから覚めた後には、前よりも気分の落ち込みが悪化します
 アルコールは抗うつ剤の効果を弱め、予期しない副作用を引き起こすことがあります。精神科で投薬治療を受けている人は飲酒すべきではありません
 アルコールの酔いは自殺を引き寄せます。アルコール依存症だけが問題なのではありません一日、日本酒換算で2合半以上の飲酒は自殺のリスクを高めることが知られています。

http://ikiru.ncnp.go.jp/pdf/nomeba100123.pdf

と、明らかなアルコールの負の影響があげられています。 

 

 過去記事でも述べましたが、心身不調の時は飲酒を控えてください。

chuijiko.hatenablog.com